「えごまで育ったフランス鴨」は、川本町の特産のえごま油を加えたエサを与えて育てています。
「トゥールダルジャン東京」のエグゼクティブチェフであるルノー・オージエ氏からも、「きれいに処理されている。肉からえごまの風味がする。」などのお言葉をいただきました。市販の合鴨などと比較しても、身体に良いとされるα-リノレン酸が約2倍含まれています。地元では「えごま鴨」という名前で親しまれています。

そんな鴨肉を使った「サムゲタンセット」をご用意しました。このセットだけで、手軽にサムゲタンが作れます。
レシピもついていますので、はじめての方でも調理していただけると思います。

韓国の薬膳スープとして有名なサムゲタン。サムゲタンの鶏肉を鴨肉にすることで、身体にもよく、違った味わいを楽しむことができます。鴨肉自体、実は、古くから薬膳食材として取り扱われてきました。ただ、鴨肉には、特有の臭みやクセがあるという扱いの難しさがあります。
そこで臭みやクセがなく脂もさっぱりした「えごまで育ったフランス鴨」を使うと、簡単においしい鴨肉のサムゲタンができます。